損保ジャパン日本興亜株式会社のテレワーク

損害保険事業を展開している企業に「損保ジャパン日本興亜株式会社」という企業があり、2012年にテレワーク制度を導入して2014年にはテレワークの課題などの洗い出しのために本社部門でトライアルを実施しました。
その後は2015年に終日テレワークだけでなく一部テレワークの利用を開始し、2016年には更なる生産性の向上を目指してスマートフォンを利用したモバイルワークも始めました。
そして2017年には本社内にサテライトオフィスを設置してテレワークの環境づくりを進めています。
また、テレワークの対象者は全社員で概ね週1~2回程度の実施となっており、テレワークを推進する取り組みとして希望者に自宅で使用するシンクライアント端末を支給しています。
このようなテレワークを導入したことによって実施者からは生産性の向上を感じたという声や業務の可視化が進んで組織で仕事が行る体制がより整ったという声があがったということです。Web会議システムを簡単構築

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>