5G対応スマホの「OPPO K9 Pro 5G」とは?

“5Gではエッジコンピューティングという技術によって低遅延が実現されていますので、オンライン会議やオンラインゲームなどをスムーズに楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「OPPO K9 Pro 5G」という5Gスマホがあり、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUやキレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラ、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや思う存分楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約38000円でRAM12GB/256GBモデルが約43000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約180gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは60Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1200 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、HDR、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 11.3)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアル冷却システムやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

2万円台で高機能、トリプルカメラ搭載「Xiaomi Redmi Note 9T」

“最新の機能を搭載しているスマートフォンで、しかも値段が安いスマートフォンを探している人には、「Xiaomi Redmi Note 9T」がオススメです。
Xiaomi Redmi Note 9Tをオススメする理由ですが、「2万円台の格安スマホ」として今では評判が定着しているからです。2万円台の格安スマホには性能のよいものが多い・・・と言われていますが、実際はカメラ性能、バッテリー容量、機能が最低限しか搭載されていない・・・など、悲惨なスペックしか有していないスマートフォンもあるので注意してください。これは最新スマートフォンでも同じなので、少し前でのモデルが安かろう悪かろうに該当するわけではありません。
Xiaomi Redmi Note 9Tのよさですが、なんといっても「価格、性能のバランスがとれたハイコストパフォーマンスモデル」なところでしょう。正直なところ、スマートフォンランキングに出てくるランキングは参考にならず、現状では、Xiaomi Redmi Note 9T以上のハイコストパフォーマンスモデルはまったく存在しません。
しかもXiaomi Redmi Note 9Tは、格安スマホには搭載されていないことに定評のある、「おサイフケータイ、認証システムにも対応しているモデル」なのです。低価格帯のスマートフォンを見るたび、おサイフケータイ、認証システム、防水防塵機能などにガッカリされているユーザーは多いでしょうが、Xiaomi Redmi Note 9Tは、その点も安心して持てるようになっています。
これだけでも十分にすごいのですが、Xiaomi Redmi Note 9Tはトリプルカメラ搭載モデルでもあるのです。つまりXiaomi Redmi Note 9Tは、格安スマホに見られる欠点を克服しているモデルで、ミドルレンジモデルと比較しても負けないだけの性能があります。
Xiaomi Redmi Note 9Tのスペックですが、「CPUがMediatek Dimensity 800U、メモリ(RAM)は4GB、ストレージ(ROM)は64GB、バッテリー容量は5,000mAh」です。CPUについてはSnapdragonではないため、あまり知らないCPUのスマートフォンは使いたくない人には、Xiaomi Redmi Note 9Tをオススメすることができません。ですが、格安スマホの宿命でもあるので、最近ではCPUに妥協されるユーザーは少なくなく、ベンチマークテストについてもミドルレンジモデルと同等の評価を得ています。
Xiaomi Redmi Note 9Tのトリプルカメラ、カメラ性能についてですが、「アウトカメラは標準:4800万画素マクロ:200万画素深度:200万画素インカメラが1300万画素」となりますので、とても格安スマホとは思えない高性能です。同じような価格で比較した場合、Xiaomi Redmi Note 9Tよりも劣るものばかりで、トリプルカメラ搭載のものも少ないため、カメラ性能にはこだわりがあるユーザーの方には、Xiaomi Redmi Note 9Tをオススメしたいです。
その他のXiaomi Redmi Note 9Tの特徴ですが、「おサイフケータイに対応している、顔認証や指紋認証に対応している、画面サイズは6.53インチ」となりますので、話題の機能、スペック、認証システム、ワイドタイプのスマートフォンといった要素も含めて、Xiaomi Redmi Note 9Tは2万円台で購入できる格安スマホとなります。”

ASUSのスマートフォンはどこが優れているの?

“今では海外のスマートフォンが人気となっています。そこで、海外のスマートフォンの中でも特に国内で注目されているASUS(エイスース)のスマートフォンを紹介していきます。
ASUSのスマートフォンが人気の理由その1は、「コストパフォーマンスに優れている」からです。近年では、品質の良い国内のスマートフォンではなく、安くて性能がそこそこ良い海外のスマートフォンが人気になってきました。そのため、コストパフォーマンスで選ばれているASUSのスマートフォンは大人気なのです。
具体的にどうしてASUSのスマートフォンはコストパフォーマンスがよいのかというと、それは、SIMフリースマホの中でもキャンペーン対象商品として販売されるケースが多い、そもそもの価格設定がリーズナブルだからです。
キャリアスマホの場合、ミドルレンジモデルと呼ばれるハイエンドモデルよりワンランクおとるものでも、5万円以上する傾向にあるので安いとは言いがたいです。しかし、ASUSのスマートフォンはミドルレンジモデルであれば3万円を切るものが多く、性能も評価されているので注目されているのです。
もし、ASUSのスマートフォンの中でもより安価なものを選びたい場合は、「ZenFone Max Pro M1、ZenFone live(L1)、ZenFoneMax Pro M1」を選ぶようにしましょう。ASUSのZenfoneシリーズは性能がよく、価格についても他のスマートフォンより安価である評価が多いです。
ASUSのスマートフォンが人気の理由その2は、「ハイスペックスマートフォンがそろっている」からです。国内のスマートフォンにもハイスペックスマートフォンはありますが、高いものになると11万円前後もするので他のスマートフォンより確実に高いです。
しかしASUSのスマートフォンは、SIMフリースマホのため10万円を切るものが多く、性能についてもハイエンドモデルとして通用するものばかりです。SIMフリースマホの場合は、バッテリー容量が低い傾向にあるのですが、ASUSのスマートフォンはその問題もクリアしているので安心して利用できるでしょう。
もし、ASUSのスマートフォンでハイスペックスマートフォンを探している場合は、「ZenFone6、ZenFone5Z」がZenfoneシリーズで最もハイスペックとされているため、こちらで購入の検討を進めたほうが賢明です。
ASUSのスマートフォンが人気の理由その3は、「カメラ性能・機能が充実している」からです。こちらが充実しているスマートフォンというと、今まではSamsung、HUAWEIなどが有名でした。しかし今では、Google、ASUSのスマートフォンも性能が向上しているため、ほとんど性能的には差がない状況となっています。
Zenfoneシリーズでは、ユニークなフリップカメラ機能を採用しているモデルが増えていて、特にカメラ性能が優秀なものでは、「ZenFone 4 selfie Pro、ZenFone 6」がオススメです。”

インスタの写真編集機能には40種類ものフィルター加工がある!?

“スマホで撮影した写真をインスタなどのSNSにアップする際に、まずは写真の加工をするという人が多いでしょう。
加工アプリを使って加工編集するのが面倒…、どの加工アプリを使用すればよいか分からない…なんて人もいるかもしれません。
そんな方におすすめなのが、インスタに標準搭載されている写真編集の機能を利用することです。
インスタ内の写真編集機能を利用して写真を加工・編集すれば、別の加工アプリを使う必要がなく時間短縮にもつながります。
ここではインスタグラムの写真編集機能についてまとめてみましょう。
インスタに投稿したことがある人であれば、写真を編集する機能が搭載されていることを御存じでしょう。
インスタの写真編集機能は、フィルターをかけたり、明るさや彩度、色を細かく調整したりできます。
この写真編集機能を使うだけで、おしゃれな写真加工が可能です。
次にインスタの写真編集機能を詳しくまとめてみましょう。
・フィルターは40種類
インスタの加工編集機能にあるフィルターは40種類もあります。
フィルターとは写真を簡単に加工できる便利な機能であり、フィルターを使うだけで写真の彩度、質感などをワンタッチで変えることができるでしょう。
編集画面の下に表示されている好みのフィルターをタップすれば写真を加工できます。
それぞれのフィルターで雰囲気ががらりと変わるので色々試してみるのがおすすめです。
また、フィルターをより細かく調整した場合には、もう1度フィルターをタップすると、詳細画面が表示されます。
この詳細画面では0~100の間でフィルター効果を調整できるので、好みの写真に仕上げましょう。
またフィルターを調整するところの右側にある「枠マーク」をタップすると、写真に枠を付けることも可能です。
フィルターは細かい編集をしなくても、簡単におしゃれな写真に加工することができるため、写真加工の編集に自信がない人、面倒な人にもおすすめですよ。
・フィルターの管理もできる
40種類もフィルターがあると、好みのフィルターと全く使用しないフィルターが出てくるでしょう。
そんな時には「フィルター管理機能」を利用するのがおすすめ。
フィルター管理をすれば、表示させるフィルターを並び変えることができ、使用しないフィルターに関しては非表示にすることもできます。
フィルターの管理に関してはフィルターの一番右側にある「管理」から行うことができます。
「管理」をタップすると、フィルターの管理画面が表示されるので、よく使う加工を一番上にするなど好きな順番に並び替えて、使わないフィルターに関してはチェックを外して非表示にしておきましょう。
よく使うフィルターだけを表示すれば、フィルターを選ぶ時間も短縮できますし、分かりやすいですよね。
・Lux(照度)を調整すると加工が上手にできる
Lux(照度)とは照度を調整する機能のこと。
Luxの調整を活用すれば、色味をはっきりさせて色鮮やかにしたり、写真の色味をぼかして優しい雰囲気に加工したりできます。
このLuxの調整は、編集画面の上にあるアイコンをタップするだけ。
アイコンをタップするとLuxの調整画面になり、自動的に「50」の状態で表示されます。
加工する前に比べるとLux50の状態だと、はっきりした写真となっているはず。
Luxでは-100~100の間で調整することができ、数字が大きくなればなるほど色味がはっきりとした写真に仕上がります。
逆に-100に近づければ色味はぼやけてふんわりした写真になるでしょう。”2020東京、がんばれ日本!Galaxy S21 5G Olympic Games Edition

楽しくガジェットを学べる!スマホに力を入れているYouTuberをご紹介

“わかりやすくガジェットをレビューしているYouTuberとして、有名な方を2名ご紹介していきます。
1人目のYouTuberは「ぱぱのひとりごとさん」です。ぱぱのひとりごとさんはAndroid端末ではなく、iPhoneやPixelの関連情報を取り扱っているYouTuberのため、他のガジェット系YouTuberとは違った魅力があります。
ぱぱのひとりごとさんの場合、あまりガジェットそのものに詳しくない人も意識しているため、これから初心者として一から学んでいきたい・・・、そんな人にオススメできるYouTuberチャンネルです。
ぱぱのひとりごとさんの魅力は他にもあります。ぱぱのひとりごとさんはデバイス比較を行ってくれるYouTuberで、スマートフォンの利用シーンも含めて、どんなシーンで盛り上がるのか、利用で苦戦するのかが非常にわかりやすいです。最近のYouTubeでは動画時間が無駄に長いものも増えてきました。しかしぱぱのひとりごとさんの動画は、全体的にちょうどよい長さなので、短い時間を有効活用して視聴するのにも最適です。
他にもぱぱのひとりごとさんは、iPhone、iPadの最新情報、初心者向けの選び方、基本的な使用方法までをも解説しています。なので、これらの端末について個人的に情報収集するのが大変・・・という場合も、ぱぱのひとりごとさんの動画は頼りになるでしょう。
2人目のYouTuberは「ワタナベカズマサさん」です。
先ほどの方はiPhoneなどスマートフォンの解説がメインとなっていますが、ワタナベカズマサさんは、カメラ、スマートウォッチだけでなく、その他にもワイヤレスイヤホンなども取り扱っているYouTuberチャンネルです。知識についてどれか1つを学び通したい・・・・わけではなく、ガジェット系を全体的に学びたい人であれば、ワタナベカズマサさんチャンネルとの相性の良さは最高でしょう。
しかもワタナベカズマサさんは、オーディオなどのガジェットについても幅広く紹介しているのです。レビュー動画をメインとしているので、気楽に見ているだけで気になっている情報をまとめて知ることが可能です。
最近では、ワタナベカズマサさんのようなレビュアーの動画が人気となってきました。その理由は、メディアの情報は全体的に似通っているが、YouTuberのレビュアーは実際に使った感想で構成されているため、一般人が持つとどう感じるのか・・・を学べるからです。
ワタナベカズマサさんは人気のガジェット系にも力を入れているので、最新情報をちくいち取り入れたい人にもオススメできます。”

一早く手にGETするなら!海外通販サイト「Clove」

“Galaxy A51 5Gの日本での発売は、auとドコモで2020年11月中旬となっています。今予約して11月までなんて待てない、今すぐ試したみたいという方には海外通販サイト「Clove」での購入をおすすめします。今回は、「Clove」で取り扱っているGalaxy A51 5Gについてまた購入法や注意点なども詳しくご紹介したいと思います。
ちなみにCloveとは、英国のガジェット系ECサイトにあたります。もうすぐ国内での発売が開始されるGalaxy A51 5Gですが、こちらのColveで取り扱う英国仕様向けのSIMフリー製品となっています。本体価格は、VATと呼ばれる付加価値税を含まない金額が日本円でおよそ50,300円、VATを含む金額となると約60,300円となっています。またCloveで購入する場合、注意しなければならないのが本体の輸送にかかる「配送料」や輸入商品に課せられる「輸入税」とクレジットカードでの代替え決算を含む「為替変換手数料」などがかかってくる点です。また配送方法にもいくつか種類があるので、どの方法で配送してもらうかしっかり確認しておくことが大切です。多少費用がかかりますが、DHL Express + Insuranceという配送方法であれば万が一、商品が紛失してしまった場合に再配送にも対応してもらえるので安心です。海外からの輸入品というのは、こうした配送料や万が一トラブルに遭ってしまい商品が届かない、といった場合のケースも考えておく必要があるので注意が必要ですが、これらの点さえ気を付けておけば特に問題はありません。
基本的にCloveで購入する場合、ほとんどが英語表記となっているのでそこだけ注意しましょう。使い方は、簡単ですが英語表記となると少し難しく感じてしまう方も多いかもしれません。そんな時は、一つずつ翻訳機能を使いながら操作していけば問題ないので安心してくださいね。
ちなみにColveで購入する場合のGalaxy A51 5Gは、型番がSM-A516B/DSとなります。本体カラーは、日本での発売が予定されているプリズムブリックスブラック(Prism Cube Black)と、プリズムブリックスホワイト(Prism Cube White)の二色がラインナップされています。英語表記など焦ってしまいやすいのですが、ここは慎重に選びましょう。あとは、好きなカラーを選択し、クレジットカードの番号を入力して配送先の住所を英語で入力すれば完了です。
配送までにかかる日数については、配送方法によって異なります。基本的に3つほど配送方法があるので、その中から選ぶようになっています。一番早いDHLは佐川急便と提携しているので安心安全で比較的早く注文からおよそ1週間で到着となっています。他の方法を選んでしまうと、料金は安いのですが非常に時間がかかるので、早く手に入れたい方はDHLをおすすめします。
以上のように輸入して購入する場合はどうしても手間がかかってしまうのですが、一早く最新機種を試してみたいという方は是非こちらも検討してみてください。”Galaxy A51公式サイトはこちら

総合評価の高い「HUAWEI nova 5T」

“5Gが始まっている現代であっても、「HUAWEIは安いけど性能はどうなの」という声が多いです。
そんなHUAWEIの性能を疑問視している人には、SIMフリースマホのHUAWEI nova 5Tがオススメです。コスパ重視スマートフォンとして、コストパフォーマンスのランキングに入っているほど人気で、しかもHUAWEI nova 5Tは、次のようなスペックを誇っています。
HUAWEI nova 5Tは、「サイズが約154.2mm×約73.9mm×約7.8mm」となっているので、サイズそのものは平均的なスマートフォンです。ですが、HUAWEI nova 5Tは「プロセッサがHUAWEI Kirin 980 オクタコア 2.6 GHz デュアルコア・1.92 GHz デュアルコア・1.8 GHz クアッドコア、OSはEMUI 9.1 (Android 9ベース)」となっているので、ミドルレンジモデルとは思えないようなスペックを誇っているのです。
最新ゲームや動画などは、「ハイエンドモデルでなければサクサク動作しない」と思っている人もおられますが、ランキングサイトなどの検証では、HUAWEI nova 5TはSIMフリースマホでありながら、動作そのもので問題が起きることはないという評価が多くついています。動作の中にはゲーム・動画だけでなく、長時間利用を前提とした動画視聴なども含まれるため、これらのトラブルが起きないようであれば、ミドルレンジモデルとは思えないスペックと言って問題ないでしょう。
なぜこれほどのスペックを誇っているのか・・・というと、それは、「RAM・ROMが8GB・128GB」で世界トップクラスだからです。補足となりますが、SIMフリースマホのほとんどは大容量メモリーに属しませんので、RAM4GB未満のケースは少なくありません。
こちらについて理解していないと、ミドルレンジモデルの多くはスペックが高い・・・と、勘違いしてしまうので注意してください。しかもHUAWEI nova 5Tは、「画面サイズが約6.2インチ、メインカメラは約4800万画素・約1600万画素・約200万画素・約200万画素、フロントカメラは約3200万画素」となっているため、ゲーム・動画・SNSの3種において、これといった不足もなく利用できるように配慮されているのです。
HUAWEI nova 5Tの悪いところをあえて挙げるのであれば、それは、「価格が高い」くらいでしょう。といっても、SIMフリースマホの中では少し高いくらいなので、安いスマートフォンでスペックが良いものを探している人であれば、HUAWEI nova 5Tに満足できるクオリティとなっています。
また、防水性能・おサイフケータイなどの支払い機能が気になる場合は、ミドルレンジモデルより、ハイエンドモデルのほうが優れていますので、こちらをオススメします。”

サイズが大きく使いやすい「Galaxy S20+」

“Galaxy S20と性能が似ていると言われているGalaxy S20+ですが、サイズ以外にも違いがあるので、違いを知ってGalaxy S20+を購入されたほうが良いでしょう。
Galaxy S20+のスペックは、「本体サイズが約161.9×73.7×7.8mm、画面サイズは6.7インチ、重量は約186g」となっているので、操作性が重視されたスマートフォンとなっています。近年では、Galaxy S20+のようなワイドボディのスマートフォンが増えていて、機能の充実を推し量っていく上で、少しずつ軽量でコンパクトなスマートフォンの数は減っていきました。
補足となりますが、Galaxy S20+はサイズ・カメラ性能・バッテリー容量に大きな違いがあります。そのため、Galaxy S20に満足できなかった人の場合、Galaxy S20+とは相性が良いかもしれません。
Galaxy S20+のスペックですが、「CPUがSnapdragon 865、メモリ・ストレージは12GB・128GB」となっているので、実は、Galaxy S20と大差がありません。サイトなどを見ていると、「処理性能に優れるGalaxy S20+」という案内を見かけるのですが、他の最新スマートフォンと比べても大きな差はないので、処理性能は最新スマートフォン同様と思って問題ないでしょう。
Galaxy S20+のカメラ性能ですが、「メインカメラは1200万画素:超広角、1200万画素:広角、6400万画素:望遠、ToFカメラ・インカメラは1000万画素」となっているので、最新スマートフォンの中でもトップクラスの性能を誇ります。Galaxy S20+は、「バッテリー4500mAh」となっているのも嬉しく、Galaxy S20+より500mAhもバッテリー容量に余裕があるのです。
Galaxy S20+のその他のスペックでは、「防水機能あり」となっているので、Galaxy S20同様で、水の心配も減らしてスマートフォンを使えるようになっています。その他の特徴としては、「5G対応」、「Suica対応」、「ToFカメラ搭載・
トリプルカメラ搭載」、「手ブレ補正機能」、「指紋認証・顔認証を搭載」しているのが特徴です。
特に嬉しいものは指紋認証・顔認証機能を搭載しているところでしょう。というのも、最新スマートフォンの中には、今でも指紋認証のみのスマートフォンがあるからです。顔認証機能があるGalaxy S20+であれば、より高度なセキュリティを活用できるようになるため、情報漏洩の可能性をおさえることが可能となります。
Galaxy S20+の評価ですが、Galaxy S20に比べてコストパフォーマンスが低いです。購入されるまではGalaxy S20+の素晴らしさがわからないため、Galaxy S20のほうが必要な機能がまとまっていると判断する人が多いため、このような評価が、Galaxy S20+には存在すると思ったほうが良いでしょう。”参照

スマートフォンの基本をおさらい

“スマートフォンで人気のAndroidですが、Androidには次のような意味があります。
AndroidとはOSのことで、OSとは、Windowsでも見られるような、「機器の動作全体を制御する力を持つ」システムのことです。オペレーションシステムをOSというのですが、モバイル機器を動かす際も、iOS・Androidによって動作しています。
Android OSは無償提供されているのですが、現在は、Android OS10となっているため、Android OS9は古いことを知っていると、最新スマートフォンを購入する際にお得です。iOSは、「Apple社のiPhoneに搭載されているOS」のことで、iPhone・iPadなどApple社の製品に搭載されているOSという特徴があります。
このようにスマートフォンに用いられているOSは違っているのですが、それによって「動作するシステム・アプリも違う」ことを知っておきましょう。OSによって動作するかどうかは、「対応OS」を見るだけで確認できます。
アプリゲームを楽しみたい場合、「動作環境」を確認することで、Android OS・iOSのどちらかで動かくか調べることができます。AndroidなどOSについて理解できた後は、キャリアスマホとSIMフリースマホの違いについても学んでおくと良いです。
簡単にまとめると、お金をかけずにスマートフォンを使いたい場合はSIMフリースマホを選択するだけで問題ありません。キャリアスマホは「SIMフリースマホよりもサービスが多い」特徴があるため、スマートフォンの初期設定を行ってもらえるなどのメリットがあります。
ですが、格安スマホとして販売されているスマートフォンの多くは、SIMフリースマホなのです。キャリアスマホの場合は、本体価格・オプション料が高くなりやすいため、月額分では3000円を超えるものが多く見つかります。
それに対してSIMフリースマホは、月額分で2000円未満のものが多く見つかるため、年間では1万円以上の差が出ることもあるのです。SIMフリースマホは安い・・・と思ってしまいますが、「SIMカード」を要求されるデメリットがあるので注意してください。
SIMカードとは、契約者の利用情報を記録したカードのことです。SIMカードを挿すことによってスマートフォンは使えるようになっているのですが、キャリアスマホ・SIMフリースマホで、使用可能なSIMカードは違うため、好きなキャリアに乗り換えるのも楽・・・というわけではありません。
そのため、三大キャリア(docomo・au・Softbank)のサポートを受けたい場合は、あえてSIMフリースマホに手を出さないのも賢明な手段なのです。”

パソコン並みの保存容量「Galaxy Note 10+」

“Galaxyシリーズの中でも異彩を放つのがGalaxy Note 10+です。
Galaxy Note 10+は、Galaxy Noteシリーズ最新モデルとして販売されているのですが、以下のような他のハイスペックスマートフォンには無い特徴があります。まず、Galaxy Note 10+はベゼルが狭くなりました。
つまり、Galaxy Note 10+は今までのスマートフォンよりもディスプレイ割合が大きくなったのです。今では、コンパクトなスマートフォンよりもワイドボディのスマートフォンが人気となっているため、こちらのトレンドを気にしている人にとって、Galaxy Note 10+はたまらない逸品でしょう。
また、Galaxy Note 10+の特徴はワイドボディだけではありません。Galaxy Note 10+は、スペックが今までのシリーズよりハイスペックになっているスマートフォンです。
Galaxy Note 10+だけの特徴も多く、例えば、GalaxyシリーズでおなじみのSペンが進化しているため、ほとんど通常のペン同様の書き心地に仕上がっています。しかもGalaxy Note 10+は、パソコン並みの保存容量となっているので、いつの間にか容量を多く使用している人の場合、Galaxy Note 10+を超えるアイテムは見つからないかもしれません。
そして、ハイスペックスマートフォンでは待望のクアッドカメラ搭載となっているため、ハイスペックスマートフォンの中でも、群を抜くカメラ性能を誇るスマートフォンとなっています。次に、Galaxy Note 10+のスペック一覧を確認していきましょう。
Galaxy Note 10+は、「価格が約11万円」となっているので、他のハイスペックスマートフォンとほとんど同じ価格設定となっています。今では、ハイスペックスマートフォンの中にも10万円を切るものが増えているので、Galaxy Note 10+は高いと感じるかもしれません。
その他のスペックでは、「画面サイズが約6.8インチ、重量約197g」となっているため、見た目の割に軽いスマートフォンに仕上がっています。処理能力のスペックについては、「CPUはSnapdragon 855、RAM・ROMはRAM812GBのROM256GB」となっているため、CPUなどの性能も申し分ありません。
また、Galaxy Note 10+はハイスペックを追い求めているため、「バッテリー容量が約4300mAh」という、大容量バッテリーを搭載しているスマートフォンなのです。スマートフォンの使用時間が長く、他のスマートフォンよりもバッテリー容量の多いスマートフォンを求めている人には、Galaxy Note 10+をオススメすることができます。”

« Older Entries